ストライダーのブレーキとペダルって”後付け”出来るの?

キックバイクの人気NO.1”ストライダー”カッコイイですよね。

近所の緑地公園を散歩していると、ホントに良く見かけます。

大きなヘルメットをかぶって、一生懸命地面を蹴っている姿は見ていて微笑ましいです。

でも、ストライダーって結構スピードが出るんですね。

私の住む近所の公園には、結構長い緩やかな坂道があって、上から結構なすスピードで「ダーッ」と降りてくる子もいます。子供はそのスピード感が、楽しくてたまらないんでしょうね。

中には暴走気味になって、親が慌てて捕まえに来ている、危ない場面にも遭遇したことがあります。

スピードが出ていると、こけたりするとケガもしますし、人とぶつかったり……

そう言えば実際にキックバイクと車との衝突で、キックバイクに乗っていたお子さんは重症を負った事故が有りました!

ストライダーって自転車の構造上、絶対に公道で乗っちゃいけないんですけどね。

少しでも安全に、ストライダーで遊ばせてあげたい!と思うのが親心ってもんですよね。

私なら、ブレーキを付けてあげたい!と思うんですよね。

ブレーキが付いているだけで、安全性は100倍も1,000倍も違うと思うんですよ。

ストライダーは オプションパーツが非常に充実しているので、 きっと後付ブレーキぐらいは販売されているんじゃないかと思い、楽天で調べてみました!

⇩ ⇩ ⇩

CHECKストライダー オプションパーツ【楽天】

ついでにパーツが充実しているなら、後付けペダルも探してみました!

後付けでブレーキとペダルの 取り付けが可能なら 少しでも長く乗れますよね。( ストライダーは他のより少々お高いですからね^^)

ストライダーにブレーキとペダルは後付け出来るの?

ブレーキは後付けが可能です!

楽天で ストライダーの後付ブレーキを調べてみたところありました!

ストライダーオプションパーツフットブレーキ

ストライダージャパン

ストライダーは通常の乗り方をする限り、足で十分にブレーキをかけることができ、それが一番安全な止まり方です。 フットブレーキキットはスピードレンジが高い乗り方をされる4才以上(目安)のお子様で、スピードコントロールを学んだり、後輪をロックさせスライドして遊ぶためのものです。

ハンドルに付いたてで握るタイプのブレーキではなく、足で踏むタイプのブレーキです。
あくまで目安ではありますが、スピードに目覚めるのは4才以上だそうですよ。

2歳の子供にブレーキを教えるのはちょっと難しいですよね^^

ペダルは後付けが出来ません!

ストライダーのオプションパーツを 調べてみましたが 、後付けペダルは販売されていないようです。

初めからブレーキが付いたキックバイクならスパーキーがおすすめ!

スパーキー

スパーキーも非常に人気のあるキックバイクです。

口コミが500件もありながら、評価が5点満点中4.51とかなりの高評価です。

スパーキー人気の秘密

スパーキーは 初めからブレーキが付いています。練習用の ブレーキではなく本当に止まるブレーキです 。

タイヤはストライダーに ついている EVAタイヤと違い、普通の自転車と同じゴムタイヤ です。

EVA タイヤは 軽くてパンクしないのはいいですが 、 公園や河川敷などでこぼこな道を走るのには ゴムタイヤの方がクッション性に優れ 乗り心地もいいようです。

ストライダーに比べ、値段も安いのも嬉しいですよね。

実際に”スパーキー”を購入した方の口コミ

・自転車の初日からブレーキを使いこなしています

・値段の割にはしっかりしていて、スタンドが付いているのも魅力です。

・デザインがよく作りもしっかりしていて、調整も簡単です。

タイヤがスポークなので「お兄ちゃんみたい」と喜んでいます。

口コミでは、普通の子供用の自転車デビューをする時に「 自然とブレーキ操作ができるようになっていた」と言う口コミが多かったですよ。

最後に

ストライダーはクランクが付いていないので、自転車ではなく、遊具です。

だから絶対に公道で乗っちゃダメですよ!

それとヘルメットは必ず着用させてあげてくださいね。